トップへ戻る

商標キーワード アフィリエイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   

商標キーワードでのアフィリエイト ただの労働収入ですよ?

今日は商標キーワードについて、僕なりに定義します。
商標キーワードってコンバージョンしやすいと言われていますが
半分は正しいし、半分は間違いです。

 

コンバージョンしやすいと言えばしやすいけど、
インプレッション自体が多い訳でもないし、なにより、競合が参入しやすい・・
そして特単が出ないという(汗)

 

3か月~6か月で月100万が稼げると言われている
サイトアフィリやリスティングの塾は高い確率でほぼコレ。

 

確かにコンバージョンしやすいと言えばしやすいけど、
商標キーワードを打つ人でも色んな気持ちを抱えていますから
自分が思っているより決まりにくい場合も月によって多々あります。

 

商標を打つとしても、月によって購買意欲を持っている数は違いますし
ユーザーが何を競合にしているのか?が全く分からないので、

 

サイトアフィリだろうが、リスティングだろうが商標の場合
どの層を集めるのか?を決めることです

 

それ以外の層は捨てるぐらいの覚悟を決めましょう

 

例えば、プロアクティブに取り組もうとするのならば、
たとえ商標だとしても、その中のどの層をメインにするのか?
ここをしっかりと決めて戦ってください。

 

そして、商標やるなら関連キーワード類をキーワードだけを見てやらないことです。
例えば、ニキビ+女子大生とかで入口はずらす必要があります

 

で、商標で30万以上を狙うのならば月3万ぐらい稼ぐ媒体を
10サイト前後ぐらい生み出さないといけないので、
それだけの作業量、つまり横展開が必要になります。

 

1サイトで10万~30万とか、簡単ではありませんので
あえてこういう表現でお話をしています。(ブランドサイトは別)

 

その為にテストとして作ってみないといけない数は
だいたい10倍は必要だと思ってください。

 

作業が苦じゃない方は、ひたすらこの手の作業を続ければ
やがて100万の壁は越えられると思います(労働収入ですけどね)
ただ、ライバルが増えてくれば厳しくはなるでしょう・・

 

あと、あまりアフィリエイターとして成長が出来ません

 

なので、何をやってもうまくいかない方は商標にチャレンジしてもいいですが
この手のやり方はASPや広告主さんが嫌がりますので、僕はあまりオススメはしません

 

この様な部分に頼らず、アフィリエイターが目を向けない部分を
しっかりとリサーチして拾う事が大切だと思います。

 

こういう微差が結局、大差になっていくんです
なんといいますか、楽して、簡単にとか、ほったらかしでとか
自動化とか、ユーザーのこと考えているのか?と思うんです。

 

そこにビジネスとしての美しさが欠けているというか・・
これって多くの方がライティングの面においても自分軸なんだよなぁ

 

今すぐコチラとか、詳細はコチラみたいなアプローチをはじめ
この前後に対するクロージング前のライティングを改善するだけで
結構、反応が変わってくると思いますよ!

運営者のネット集客本

アフィリエイト概要編

アフィリエイト準備編

無料ブログ編

デザイン編

サイトの基礎を学ぶ編

SEO初歩編

アフィリエイトまとめ編