トップへ戻る

内部リンク SEO

このエントリーをはてなブックマークに追加   

内部リンクのSEO 初心者の時はどんな理解が必要なのか?

 

最近はアフィリエイトコンテンツにおいて、内的SEO対策は
外的SEOよりも意識していかないといけないと言われています

 

ただ、こういうことも今にはじまったことではないのですが
初心者さんは、内部リンクがSEOで大事と一概に言われても
多分よく分からないと思いますのでまとめますね!


 

ひとことで言うと、ブログやサイト内の各ページに対してリンクを貼られた状態を指します
内部リンクはパンくずリストなども含まれるので、後はどういう部分に着目すればいいのか?
このあたりがひょっとしたら分からないかもしれませんが

 

例えば、TOPページからアクセスが来る事を想定したとしますね
ユーザビリティ対策として、TOPページにアクセスが集まるめ記事をまとめたり
あ~や行などを作ったリンク構造にしてみると、

 

グーグルのクローラーもページ内を巡回しやすくなるので
コンテンツ全体の評価も比較的に上がりやすくなります

 

また、外的なお話になりますが内部リンクを施していないコンテンツからの
発リンクは無効になりやすい傾向もあると思います(僕の経験上です)

 

だkらこそ、初心者の時ほど設計図を組まずにコンテンツを勘違いせず
同じキーワードばかりを使って似た様な記事をどんどんアップしても
それはコンテンツと呼びませんので気を付けてくださいね!

 

初心者の時からこういう事も想定して、内部リンクを活用する時はアクセスが来ているページから、
本来、自分が集めたいページ(訪問者にしっかり見てもらいたいページ)に向けて流れ(導線)を
しっかり作ってあげるといいと思います。内部リンクが評価されている良い例がブログの構成です

 

TOPページからの内部リンクの貼り過ぎが、SEO的にもあまりよくないんじゃないかな?
と言うご相談も個人的に受けますが、大切なのはどんな時もユーザビリティを意識することです
そこを意識して取り組んでいけば、必然的に内部リンクが必要になっていくはず

 

TOPページからのアクセスばかりを期待するよりも、各個別ページなどから
しっかりとアクセスを集められるコンテンツ作りを意識して内部も強化しましょう!

運営者のネット集客本

アフィリエイト概要編

アフィリエイト準備編

無料ブログ編

デザイン編

サイトの基礎を学ぶ編

SEO初歩編

アフィリエイトまとめ編