トップへ戻る

見出しタグ SEO

このエントリーをはてなブックマークに追加   

見出しタグを意識したSEO対策の施しは大切なのか?

 

内的要因では、タグで囲まれた部分を最適化することも非常に大切です

 

検索エンジンも注目している評価要素になっていますので、タイトルだけでなく
「見出しタグ」をはじめとして、あらゆるタグに囲まれた部分に対して
狙うべきキーワードを挿入するか?を検討していきます


 

具体的にはブログ・サイトタイトル、見出し(hタグ)、記事本文、meta keywords=メタキーワード
meta description=メタディスクプリクション等の5つは押さえていきましょうとお伝えしました
今日はhタグについて詳しくお話したいと思います

 

見出しタグは記事コンテンツ導入部分の目次に当たりますので、検索エンジンに対して
「どんな記事が書かれているサイトなのか?」を、的確に知らせる為に重要な要素をしめます

 

H1タグには、狙うキーワードをしっかり入れましょう!スペースあり・なしも意識しましょう

 

ただ、注意点としてはキーワードの羅列をしないことです、過剰気味のSEO対策は、
あとから必ず、検索エンジンからマイナスの評価を受けてしまうだけですからね・・・

 

色んなブログ・サイトを巡っていると過剰なまでに「見出しタグ」の部分に、狙いたいキーワードを
露骨に押し込んでいるアフィリエイターさんが、非常に多いので気を付けてください

 

一時的な効果があったとしても、将来的にペナルティを受けて、大幅に検索順位を下げられる
根本的な原因となってしまいますので、1ページに対する見出しタグは3個以内に抑えるべきです

 

また、記事の中身である本文は当たり前ですが、見出しと関係性のある記事を書いてください

 

記事の中で狙うべきキーワードは適度に散りばめるぐらいです、間違っても連続で詰め込むと
それもマイナスの評価になります、目安としては違和感を感じない程度です

 

また読みにくい文章は、訪問者目線に立っていないので、滞在時間を確保できないので、
Googleが嫌いますし、ちゃんと目視をしているので、飛ばされる恐れもあります

 

 

SEOのテクニカルな話はこまかい議論に陥りやすく
上位表示すれば稼げるという神話に踊らされます

 

どうでもいい枝葉の技術論ばかりが気になってしまい
本来押さえておくべき本質を忘れてしまうのです・・

 

2つのSEO要素

 

1つ目は「内部要因」で、もう1つが「外部要因」です
SEOの内部要因というのはサイト内部の事情のこと

 

あなたが作るブログやサイトにどんなテーマを持たせるのか?
どのキーワードで検索エンジンに評価されたいのか?という所を
意識して「内的要因を高める対策」を打っていきます。

 

具体的に意識しないといけないのはTOPを含めた
各記事のタイトル・見出し(hタグ)・本文が基本となり

 

meta keywords=メタキーワード 最近はどうでもいい
meta description=メタディスクプリクションはかなり大切です

 

メタディスクリプションには、狙いたいキーワードをしっかりと入れましょう!

 

また説明文は表面的な部分でも表示される所になりますので
タイトルを補完する意味合いを考えて、かつ、日本語として
ちゃんと意味が分かる説明文を作りましょう

 

何個入れたらいいですか?という質問もあるかと思いますが
これは実際に自分でやってみたらいいと思います
同じキーワードを3個入れるのはNGですね

 

TOP・個別タイトルは訪問者の「入り口」となりますので
キーワードの羅列ではダメです!とても大切部分なので
日本語として意味が分かるタイトルを意識しましょう

 

特にTOPサイトタイトルは、1番大事な所になります
HTMLのタグで言うで囲まれた部分を指します

 

単に狙ったキーワードで検索エンジンに識別してもらうだけなら
そのキーワードだけを「titleタグ」で囲むようにしたほうがシンプルですが
検索エンジンはちゃんと見ていますので、NGを食らいやすいですし
タイトルに魅力がなければクリック率が下がる可能性もあります

 

だから検索エンジンに「狙ったキーワード」を認識させつつも
訪問者の心に響くタイトルであることが望ましいのです

 

「狙うキーワード」を含んだ魅力有る短文を工夫して、
サイトのタイトルにすることが大切なんです!例をあげると

 

「英語学習」という狙ったキーワードを狙うとしますね
SEOだけで見るとこの単発キーワードの方が認識されやすいのですが
見るのも人、最終的に検索エンジンを扱うのも人なのですから

 

『初心者でも続けられる|英語学習』と作成した方が
訪問者が見て比べた時に差別化ができますよね?

 

内的要因の1つであるタイトルは当たり前なのですが
タグで囲まれた部分というのは検索エンジンが注目している
評価要素になっていますのでブログ・サイトのタイトルだけでなく

 

h2〜/h2という「見出しタグ」や、その他あらゆるタグに
囲まれた部分も意識をちゃんと持ちどんな言葉を挿入するか?
細かい部分も凄く大切になります

 

ただアクセスを集められても中身がしょぼかったら
訪問者は直ぐに閉じられてしまいますので
質があるコンテンツが作れる様になりましょう

 

滞在時間が短いという理由でマイナスを受ける事も多々あります
テーマ決めはもちろん、カテゴリの分け方、記事の書き方、見せ方
グローバルでブログ・サイト全体を考えないとうまくいきません

 

小手先のノウハウやテクニックを知っていても基礎が出来ていないと
結局、小手先が通用しなくなってしまうとまた振り出しになります

運営者のネット集客本

アフィリエイト概要編

アフィリエイト準備編

無料ブログ編

デザイン編

サイトの基礎を学ぶ編

SEO初歩編

アフィリエイトまとめ編