アフィリエイト キーワード ずらし

このエントリーをはてなブックマークに追加   

アフィリエイトでキーワードをずらしてブログやサイトを作る?

 

松野さん、キーワードをずらしてブログやサイトを作るという意味が
最初だからこそ、初心者さん良く分からないと思うんですよね・・

 

なぜ、ずらして作らないといけないのか?そのあたりの説明を
分かりやすく定義してもらえないですか?宜しくお願い致します。


 

 

松風さん、確かにそうかもしれないね!ずらして作るってどういうこと?って
色々と検索してこのページに辿り着かれたのかもしれないから、
1つずつ噛み砕いてお話をしてみようと思うよ!

 

そんな訳で初心者さんに向けてキーワードをずらしてという部分を
今から分かりやすくお伝えしていきたいと思います^^


 

そもそも、同じ意味でもキーワードをずらして展開した方がライバルと差別化できるので
SEO対策に対して必死にならくても穴場があるからというのが一般論として言われていることです

 

例えば、ニキビだったらニキビ+○○という複合キーワードばかりを探して展開するのではなく
心の中ではニキビと思っていても吹き出物+頬などと打つかもしれませんよね?

 

このあたりの考え方が、キーワードをずらして展開すると思われている方も非常に多いのですが
本質的にはそうじゃありません。これだとなんちゃらツールで探していくしかない・・となりますから(笑)

 

ツールを使って探すことが悪い訳ではありませんが、アナログ的な部分も取り入れないとダメです。
つまり。脳に汗をかく作業をちゃんとやれているのか?ってことなんですね!

 

また初心者さんの場合、ツールで見つけようとしても見つからないでしょうし、考えようといっても
アフィリエイターになると、目の前にあるキーワードだけで全てを判断しようとしますから
なかなか考え方が広がっていかないと思います。そういう方をたくさん見てきました。

 

それじゃどうするのか?というと、簡単に出来ることはリサーチをしてみることです

 

例えばですが、ヤフー知恵袋などでニキビと打ち込んでみると分かると思いますが
色んな人が相談する為に投稿をされていると思います。その質問の中に思い付かなかった
キーワードがたくさん眠っているんですよね!ニキビと言っても世代や異性別でも内容が違うはずです。

 

こういう部分に時間をかけてみるとですね、目の前にあるキーワードで物事を考えるのではなくて、
その人が質問投稿をしている中で出てくる他のキーワードがありますから、更にリサーチを深めていけば
ターゲットを絞ったコンテンツは初心者さんでも作れるものなんですよ!(面倒でやらないだけですから)

 

更に、そこから水平展開でリサーチを進めると他に用意をしないといけない内容も見えてくるものなんです。

 

例えば、抜け毛+シャンプーというキーワードをずらして考えるのならどうしますか?
抜け毛+○○などを見るのはずらしているではないですからね?

 

このキーワードからずらしてみると、夫+枕+臭いなどになります!これを思いついているのではなく
商品に対してどういう人を集めればいいのか?そこに特化してリサーチをすれば見えてくるからこそ
他のアフィリエイターとは違う構成で攻めていくことが出来るのです。

 

リサーチは答えを探すのではなくヒントを見つけて、キーワードをずらしてこういうアプローチをしよう!と
作り手として決断をする為にやることなんです

 

運営者のネット集客本

アフィリエイト概要編

アフィリエイト準備編

無料ブログ編

デザイン編

サイトの基礎を学ぶ編

SEO初歩編

アフィリエイトまとめ編