トップへ戻る

アフィリエイト 初心者

このエントリーをはてなブックマークに追加   

アフィリエイトで活きるヘッダー画像 魅せ方・伝え方で変わる

 

前回のページでは画像を使う上でのファーストビューのお話でした。
今日のテーマは、文言(キャッチコピー)についてになります。

 

長期的に売れている物販案件の1つに背中ニキビのジュエルレインがあります

 

この商品を扱う時に使うキーワードって、背中ニキビ+○○とか
背中ニキビ+○○+○○みたいな複合キーワードの有無を探す為に
チェックをされる方がほとんどだと思います

 

今後、ライバルと差別化を図る為には、デザインは大切な部分です!

 

今はそういう部分を疎かなままである程度の成果が出ても
グーグルはシビアに見ていますし、自然に向かっていますので
先々は、嫌でもオリジナル性を出す為に必須となります


グーグルのキーワードプランナーなどや何かのツール等々で、
検索結果数を見たり、ライバルのリンクなどをチェックしてみたり・・

 

実はこういうやり方って強者がやればいい話で、弱者の戦術としてはNGです
王道と言った方がいいのか分かりませんが、僕はほとんどこの手の作業はやりません

 

こういうことよりも、どういう人にジュエルレインを薦めようか?
リサーチを先にしています。キーワード選定等々はその後です

 

また検索結果数よりも、検索されているかだけをチェックをしている感じです

 

キーワードから入るのではなくて、背中が汚い方、背中にニキビがある方が、
普段の私生活を通じてどういう部分で悩んでいるのか?何を感じているのか?
こういう所から、僕は入っていきます(後が楽なので♪)

 

稼げていない方ほど、調べもせずにキーワードから入って作るので
あまりうまくいっていないと思います、案件から入らないと・・

 

初心者の時ほど、キーワードに対する考え方・やり方を変えない限り
どんなノウハウを見ても、目の前にあるキーワードから物事が広がっていきません

 

そもそもですね、背中ニキビ+○○系のキーワードってですね、
ずっと前から強者が力を入れて作っていますのでこういう競合キーワードに、
初心者が自ら戦いを挑んでいくのは相当ハードルが高いんですよね・・

 

僕がコンテンツを作るなら、背中ニキビ+○○などの競合となるキーワードは
集客する為のキーワード候補にすらしません。それなら、僕がどういう人に向けて作っているのか?

 

また、その人に対してどんな文言を入れてアプローチをかけて相手に価値が伝わる様にしているのか?
今日はその文言についての動画を見て頂きたいと思っています。

 

いい意味で「物事」に対する考え方がガラッと変わる良いキッカケになると思いますよ

 

 

いかがでしたでしょうか?例えば、情報商材のブログなどを運営している方も
色々と拝見させて頂きますが、この文言の意味合いを分かっている方はほとんどいません

 

物販アフィリもアクセス数とか、上位表示の前にですね
まずはユーザーに閉じられない為の「第一印象」が大事なんです

 

ただ、第一印象といっても作り手が決めるインパクトではありません
ターゲットにしている方に価値を伝えきれているか?がインパクトです。

 

今までのお話は、リアルの世界に置き換えてみると、一旦でも
お客さまの足を止めてもらう部分になります!画像を活用して、
一旦を足を止めてもらう部分をまずはクリアーしてもらわないと何もはじまりません

 

その後、訪問者に中身を見てもらう為には、画像を使い分けていきながら、
ひと工夫をいれます。それが文言の役割です

 

訪問者に「価値」を伝える為に、色、フォント、画像を通じて全体のイメージを、
数秒で認識してもらう必要があります。その中に入れる文言で、更に引き立てる感じです

 

瞬間的に興味を惹きつけて、「なんか、見てみようかな?」と訪問者に思わせる役割は画像がします。
そこからの行動を明確にするのが「文言・キャッチコピー」です。

運営者のネット集客本

アフィリエイト概要編

アフィリエイト準備編

無料ブログ編

デザイン編

サイトの基礎を学ぶ編

SEO初歩編

アフィリエイトまとめ編