トップへ戻る

SEO キーワード タイトル

このエントリーをはてなブックマークに追加   

SEOのキーワードタイトル 初心者はどう取り組むべきか?

 

狙うべきキーワードの距離は離さない方がいいと言われています

 

検索エンジン的には左に詰めた方がいいのですが
そこばかりを意識すると魅力的なタイトルが作れません

 

僕は狙うべきキーワードを外さなければいいと思っています
基本的に見るのは、見込み客だからです!


キーワードだけを狙っているとタイトルも不自然な感じになりますし
タイトルだけじゃなく、ディスクリプションや記事の中も露骨に入れ過ぎず
ナチュラルに1個、2個ぐらい入れておけばいいです

 

よくばってSEOをやり過ぎても、昨今の検索エンジンは
本当に厳しいので、後々マイナスになるだけですから気を付けてくださいね!

 

狙ったキーワードは一文の中に繰り返し入れては逆効果であり
全体の文章の中でも適度に離すように挿入したほうが効果的です

 

ただし、以前にもお話しましたが、いくら距離を離したとしても、
同じキーワードをブログやサイトの中に何度も詰め込みすぎること
自体がマイナスの要因になります。

 

もう1つ内的SEOで大切な部分は更新とページビューになります
検索エンジンから見た時、フレッシュな情報が適度に更新されているサイトは

 

新しい価値を提供する為に、更新しているという評価が高まる傾向があります

 

ただ更新するだけではなく何が訪問者の役に立つかという姿勢で
オリジナルコンテンツとして記事を繋いでいきながら
ブログやサイト作りに向き合うことがGoogle対策になります

 

当たり前のことを、当たり前にやるしかありません
小手先に頼っていても生き残ってはいけませんので・・

 

大切なのは見せるのは検索エンジンではなく人(ユーザー)ですから、
僕たち作り手はキーワードを意識して作っていたとしても見込み客となるユーザーは、
タイトルに対してキーワード詰め込んでいるなとは思っていませんし
そういう風に思わせてもいけません

 

自分の悩みが解決できるだろうか?魅力的なタイトルに惹かれる訳です
ブログ・サイトのタイトルや、その下に表示されている説明文を見て
次の行動を起こす訳ですからね!

 

僕はタイトルを見て訪問者が反応してもらわないと
何もはじまらないと思っていますのであまり気にしませんが
検索エンジン的に、有効だと言われていることを再度まとめます

 

⇒狙うキーワードは、なるべく左に詰める

 

⇒タイトルは短い方が良いとは言われていますが僕は気にしていません、
狙うキーワードを軸にして29文字ぐらいを目安にしています

 

TOPのタイトルタグは、とても大切なのですが
TOPだけでアクセスを集めるだけではありません

 

個別ページからもアクセスを集めていけるからこそ、全体の構成がTOPになる内容と
個別ページが大きくズレがないように作らないといけません

 

そうすることにより、限りなく近いユーザーが集まっていきますし
ロングテールから細かいアクセスやキーワードを知る事ができます

運営者のネット集客本

アフィリエイト概要編

アフィリエイト準備編

無料ブログ編

デザイン編

サイトの基礎を学ぶ編

SEO初歩編

アフィリエイトまとめ編