このエントリーをはてなブックマークに追加   

ソーシャルシグナルのSEO効果 実際の所はどうなんだろう?

サテライトからの被リンクだけではなく、ソーシャルからのリンク供給も大切だと
昨今では言われていますが、グーグルさん的にはざっくりまとめるとこんな感じです

 

例えば、ツイッターなどのリツイートやfacebookのいいね!やシェア等々を
リアルに収集して処理をするのが難しいから検索エンジンへの影響はないよーみたいな(笑)

 

それならソーシャルからの被リンク対策は力を入れなくていいんだな?って
初心者さんは思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

僕自身はソーシャルとの関連性はとても重要だと思っていますし、
実際に影響はないと言われていても、それなりの効果はあると思います。

 

何が大事かと言うとですね、ツイッターのアカウントを量産して被リンクを送ったり
facebookページでとにかくいいね!の数を増やして対策を行うなどではなく

 

被リンク元と同テーマとして見た時、ツイッターで語ること、facebookページで語ることを
ちゃんと明確にしておくことが僕は大切だと思っています。つまり役割ですね!

 

小手先の対策ではなく、人から人に伝わる導線としてツイッターからメインコンテンツへ
facebookページからメインコンテンツへ そうする意味合いがちゃんとあるのか?

 

こういう部分を含めた相対評価として、グーグルさんは改めて検索順位を決めると思います
なので、ソーシャルシグナルのSEOが効果があるとしても、小手先だけでやろうとすると
やっぱりうまくいかなくなる可能性が高いです。

 

このあたりは、さきほどもお伝えした通りテーマを明確にした上で
地道にソーシャルを育てた上で、被リンクを送ると宜しかと思います

 

これが正解などはないと思いますが、僕はソーシャルからリンクを送る意味を
自分なりに考えて対策を打っている感じです。ご参考になれば幸いです!