トップへ戻る

稼げるキーワード 探し方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

稼げるキーワードの探し方 それは結果論に過ぎません

 

稼げるキーワードは、どうやって探せばいいのだろう?という想いから
このページに辿りつかれたかもしれませんが、そんなやり方はこの世にありません

 

稼げるキーワード発掘ツールとか、昔から色々と発売されているのですが
そんなものがあるなら、ツールの発売なんてする必要がありません


 

相手のアウトライン・シチューエーションなどを調べない限り、楽して稼げるキーワードなんて
探せるわけがないじゃないですか?もしも、ターゲットも決めずにリサーチもせずにですよ?

 

本当に稼げるキーワードというものがこの世に存在するのならば
誰がやっても、どんな記事を書いても、絶対に稼げないといけない訳です

 

そんなキーワードがどこにあるのでしょうか?僕は不思議でなりません

 

例えば、物販アフィリというキーワードが稼げるキーワードだとしますね
このキーワードがイケる!みんなが一斉にやったとしましょう

 

ここで多くの方が勘違いしてしまうのが、SEOで1位になればウハウハになれるという
安易な考え方ですから、時間のムダなのに一生懸命1位を狙って毎日、被リンクを
ひたすら送り続ける日々がはじまります

 

この物販アフィリと打ち込む人は、どういう人が打っているのか?を
事前にリサーチをしないと、どんな記事を書けばいいのか?
作り手として分からないじゃないですか?違いますか?

 

これって商標キーワードでも同じでして、商標キーワードは確かに稼ぎやすいキーワードですが
稼げるキーワードではないんです。商品名を打ち込んでいるので購買意欲が強い人の割合が多いだけです
ここを勘違いしている方が非常に多いです。(稼げていない方ほど尚更)

 

商品名で打ち込んでも、実際のビフォー・アフターの経過が知りたいだけかもしれませんし
他の商品名と比較したくて打ち込んでいるかもしれないし、どういう商品なのかの興味本位かもしれないし
新規ではなくてリピーターの人が打ち込んでいる確率も高い訳ですからね・・・

 

どういう人が打つのか?を決めないままで作ってしまうと、アクセス数だけで何とかしようとするので
記事の中身も、ただの商品説明となり情報だけ抜かれて後に公式ページに行かれるだけです

 

購買意欲がある方の割合が検索の中で多ければ、今月は良く売れる月になるでしょうし、
何かと比較しながらの人が多ければ翌月はあまり売れなかったという結果となります。

 

どういう人が打つのかを明確にしないと広く集めてやるしかないので、
こういう部分だけで成約を狙なわないといけなくなります

 

商品名だからといって、膨大なアクセスが集まる訳ではないのにです・・・

 

商品名で日本語ドメインを取得して1ペラのサイトを作っている方も見受けられますが
言葉は悪くなりますが無駄な努力ですしもったいないな〜と残念でなりません。

 

別に検索結果数はどうでもいいですし、ライバルの被リンクとかも調べる必要なんかないですよ?
そうだと目の前にあるキーワード+複合だけでやっていても、そこから考え方が広がらないですし
そもそも、誰に向けて作っているのかが不明確過ぎるので、SEOだけで戦わないといけません

 

初心者の方がそんな質の良いサテライトサイトなんて作れるのでしょうか?時間もないのに出来ますか?
グーグルのアルゴリズムに合わせてやっていても、そもそも自分でコントロールなんか出来ませんよね?

 

 

誰に向けて、そのキーワードを選んだのか?はじめての段階で
この「誰」を決めない限り目の前のキーワードだけで作っていても、
そういうやり方は他の方も同じ様にやっています。

 

結果的に人と同じ様なコンテンツしか作れなくなります!


 

仮にアクセスが来ても中身がズレているので、自分が思っている様な結果は出ないと思いますし
検索エンジンはそんなに甘くないですよ。アクセス数よりも「アクセスの質」にこだわってやらないと・・
詳しい資料等々はコチラの方にまとめました。

運営者のネット集客本

アフィリエイト概要編

アフィリエイト準備編

無料ブログ編

デザイン編

サイトの基礎を学ぶ編

SEO初歩編

アフィリエイトまとめ編