ペラサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ペラサイトで稼ぐ?SEOが気になり、量産作業など大変そう(汗)

現在、このページをご覧になられている方がペラサイトを作っているけど
あまり稼げていない方なのか、これからペラサイトを作ってみようかな?と
思われている方なのかは分かりませんが、

 

ペラサイト作成に関する基本的な事を理解して欲しいなと思いますので
少し長くなりますがお付き合いください。

 

業界ではペラサイトって1ページでも、数ページでもペラと呼ぶことがあります
なので、あなたが1ペラ量産をするのか、数ページの量産をするのかは分かりませんが
個人的にペラサイトでの展開が悪い訳ではないと思います

 

ライバルがいなければ、1ペラでも上位に食い込みながら
コンバージョンを狙えるチャンスは充分にあると思うからです。

 

あとは、そのキーワードを打ってきたユーザーの悩みを
ライティングでしっかりと返して広告繋げる事が出来れば
うまくいくことも結構ありますが、修正が必要な時も当然あります

 

ただ、1ペラだと入口が1つしかありませんからキーワード選定が
とても重要になりますし、ライバルが参入してきたら打ち止めとなります。

 

こういう部分を理解しつつ、作業をするのならそれは1つの手段なのでOKです。
結構作業量としては大変だと思いますので、個人の判断だとは思いますが
僕は手法としては薦めません。

 

いつ順位が下がるかなど不安ばかりを抱えながら作業をするのは
自分のやり方としては合っていないので、ただそれだけなのですが(笑)

 

逆にいつ落ちるか分からないからこそ、サクサク作るという考え方もあるので
やっぱり、やるかやらないかは個人の判断かな〜と思います。

 

シリウスでサクサク作るか、ブログでサクサク作るかも自分の判断です
ドメインに投資をしたくないのならブログでいいでしょうし、投資が出来るなら
ブログよりサイトの方が良いのは間違いないからですね!

 

仮に運良く上位にあがったペラサイトだったのに、ライバルが増えてきたからといって、
自分のペラサイトが負けない様に必死になってSEO対策を施すのは
ちょっとナンセンスかなと思います

 

それなら、次の作業に移った方が効率的にはいいと思いますよ

 

また数ページでペラを作成するなら入口(導線)が少し増えますので
ナチュラルなSEO対策は施していいかなとは思いますが

 

数ページ用意するとしても、キーワードだけを見てページを作っても
おそらく構成がズレてします。なぜなら調べてからキーワードは決めるものだからです

 

全体に集めるアクセスは限りなく自分が決めたターゲットに近い人達を
集めていかなければ全く意味がありません。TOPページに来るターゲット
個別ページに集まるターゲットが違ったら本末転倒ですよね?

 

ペラサイトを作る前に、まずはリサーチをしっかり終わらせてから
キーワード選定を行って頂けたらと思います。

 

最後にペラサイトを作成する上で、仮に文字数を多く入れたとしてもですね
既に上位あるコンテンツにある文章内容をリライトをしても全く意味がありません

 

グーグルはちゃんと見ていますので、そういう小手先のコンテンツは上位にあげる意味もないし
今後の評価もしてくれません、これはたとえ中古ドメインで一時的に上がったとしても
直ぐに落ちていくだけですから注意してくださいね!

 

オーソリティがあるもの、パラグラフがズレていないこと、自分だけのコンテンツという
存在意義が必要な時代ですから、面倒でも役立つ内容を提示していく必要があります。

運営者のネット集客本

アフィリエイト概要編

アフィリエイト準備編

無料ブログ編

デザイン編

サイトの基礎を学ぶ編

SEO初歩編

アフィリエイトまとめ編